2015年06月30日

恐れていたことが

きのうの夕方

たぶん・・・血糖値が下がって・・・

1分ほど、もしかしたらそれ以上、痙攣が止まらない

横に倒れた状態で

手足が大きく上下に痙攣するたびに
手足が床に当たる音がする


もう見てることしかでけへん

口から泡吹くし

目は見開き

尻尾はリスのように膨らんで


もうかわいそうでかわいそうで

DSC_2083.jpg
きのうなこわかってん
なにがなにやらさっぱりわややってん(ほ)



24日に尿検査したとき
糖がでてたので
インシュリンの量を増やすことになった

先生も、下がりすぎたらこわいから・・
ということだったので

0.33ミリのところを0.325くらいで
ようすをみてたんやけど



きのうのほたるちゃんは
ほんまに もうあかんって思った



糖尿病って診断されて
最初のころに

変な鳴き方するなあと見てたら

よたよたしながら
床にウンチやシッコの垂れ流し・・・
ということがあって

あの時ももうあかんって思ったものやけど

今回のほうが

ショックで

ほたるちゃんも声もだせへんかった
痙攣がおさまっても倒れたままで

お口を拭くときも
目は開いてるけど
意識があるのかないのかわからない

声をかけても反応せえへんし



でも落ち着いて立てるようになってから
カリカリをあげたら

完食したわ


ちょっとのあいだ
自分でも
心とからだの立てなおしが
でけへんかったみたいやけど

除々に持ち直し

今日はすっかり元通り


あまやのおかし、を与えすぎたので
ごはんほしい、のごんたばっかりいうてるわ

本格的に介護生活・・かも



posted by ほたるちゃん at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

2015年06月29日

あら、ま

変な格好で寝ているほたるちゃん
DSC_2221.jpg
眠い(睡眠)






DSC_2223.jpg
わーい(嬉しい顔)眠い(睡眠)







DSC_2224.jpg
眠い(睡眠)
posted by ほたるちゃん at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

あくび

人のあくびを見て自分もあくびをする
↑あくびがうつる とはよく聞くけど

あくび、とキーを打っただけで
あくびがでた、という記事を読んだ私・・

読んだだけで
あくびがでたわ

おもしろいな、これ
ブログネタにしよっと
思っただけで

またあくびがでたわ

すんごいなあ・・
いや、眠いだけ・・

DSC_1618.JPG
木でできたボタンるんるん





今日もさわやかな天気

めったにお泊りしないのに
先日はお泊りした息子

この梅雨時に
ふとんのシーツ洗うの面倒やなあ、と
丸めてあったけど

次いつ来るかわからへんし と
今日洗った

やっぱり だれでも
気持ちよく寝たいもんね

あ〜〜 また
あくびが・・


posted by ほたるちゃん at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

とれにゃい

posted by ほたるちゃん at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年06月28日

シフォンケーキ

掃除機かけたり・・・
外へでて花に水遣りしたり・・・
動いたらやっぱり暑いけど

家の中でじっとしてたら
入ってくる風がここちよい

じっとしてるほうが長くてバッド(下向き矢印)
一日一万歩、なんて皆無で

歩かななあと思いつつ1年が過ぎる
そうやろ?
もう今年も半年過ぎようとしてるもん

と、やっぱり ぐずぐずしながら
いただきもののシフォンケーキ

朝ドラ「まれ」をまねて

輪島塗とちゃうけど塗りの皿に手(パー)

DSC_2276.jpg
直径10センチのかわいいマーブルシフォン


ひとりでぺろっと食べれる
生地がふわふわやからねるんるん

クリームが生地の真ん中、上から下まで入ってて
生地と一緒に食べるとおいしいわ

ひとりで食べてへんよ
ちゃんと分け分けしましたよ
3:7・・・くらいでわーい(嬉しい顔)



シフォンケーキ専門店やねんて

「シンフォニー・シフォン」

堂島店のパンフが入ってるけど
なんと営業時間が
平日10時から深夜1時やって

堂島2丁目ってどんなとこ?
深夜まで開いてるってことは人がいてるってことで
オフィス街とはちゃうんですか

なんかそこにとても興味があるわ目耳
posted by ほたるちゃん at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べものと土ものと

お顔

ほたるちゃんのじゃれモード顔
DSC_2121.jpg
まずは・・・・





じ〜〜〜っと獲物の動きを観察目
DSC_2126.jpg








舌はでるけど手はまだ動かにゃいわーい(嬉しい顔)
DSC_2128.jpg







さあ攻撃やーーダッシュ(走り出すさま)
DSC_2142.jpg
おてても本気グッド(上向き矢印)
posted by ほたるちゃん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

とれにゃい

う〜〜〜〜とれにゃい(ガ)
DSC_1596.JPG
カーテンに爪がひっかかってとれないガーベラちゃん
かなりあせってるあせあせ(飛び散る汗)






banner2[1].gif
posted by ほたるちゃん at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年06月27日

本を買いに

絵本って
子どものものだけと違う手(パー) 
おもう
DSC_2274.jpg
これ、プレゼント用に買ったけど

だるまさん・・のほうは
中を見て

おもわず笑った



ルクアの蔦屋書店を 見学がてら

広くてね・・人が多くてね・・

目当ての本を探しながら歩いてると

本棚のあいだから見えるのは

カフェやらネイルサロンやら
なんか音楽の・・・よくわからへん・・みたいな

ちょっと敷居が高くて
高級感があって・・・って
本屋で高級感ってなに?やけど
ドキドキしたのよ


ほんで本棚のあいだ、あいだに
すわるスペースがけっこうあって

カフェで買った飲み物片手に本を読んではる

買った本でも店内にある本でも
蔦屋の本やったら
自由に読めるんやって



で探し物をしながら歩いているうちに

あれ?
もとの場所

一周するようになってる

もう・・
本の量と人に圧倒されて・・


近頃の本屋さん
雑貨を置いてたり やけど

ここはうわさ通り ダントツで
ちょっとふしぎな本屋さん

建築とか美術とか写真とか
見てみたい専門書がたくさんあったので

今度は
気合いれて 心して 時間たっぷりとってわーい(嬉しい顔)

遊びに行きたい


絵本はね、
他の本屋さんに比べると
少なかった

これから充実させていきます って
店員さんがゆうてましたるんるん
posted by ほたるちゃん at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

どうしたん?

朝からずっとこんな調子のほたるちゃんexclamation&question
どうしたん?
DSC_2178.jpg






DSC_2180.jpg
ほっといてむかっ(怒り)いちいちかんしょうせんとってむかっ(怒り)(ほ)

なんか・・・ごきげんななめ
こんな日もあるさふらふら
posted by ほたるちゃん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

とれにゃい

posted by ほたるちゃん at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年06月25日

トロッケンゲビンデ

本物のパンを使ったシュトラウス
pan.jpg
堅パンのシュトラウス


パンを使った飾り、といえば
クリスマスのリースに取り付けるもの・・
くらいしか知らなかった


パンを使うので
香辛料それに私は草穂や種の花も
加えました

マンシェッテも
チェックの布を手作りで
レースペーパーを添えます

小麦粉の香りのする
おいしそーなシュトラウスです

パンは特別な加工がしてあるので
長持ちします
posted by ほたるちゃん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

わっ

浮かんでるように見えるほたるちゃん
DSC_2250.jpg
しゅわっちダッシュ(走り出すさま)(ほ)
posted by ほたるちゃん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

とれにゃい

posted by ほたるちゃん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年06月24日

よわみそ

しょっちゅう熱をだしてた私は
母から「よわみそ」←弱虫、からだ弱い子って
呼ばれてた

熱がでて扁桃腺が腫れるので
まだ小学校へいくまえに
扁桃腺を切ることにした・・・らしい

あの頃は
父以外、母も弟も私も、なぜか
からだの調子が悪く

子ども心に
わが家は暗いなーと
悲しかった
DSC_2114.jpg
自由きままに ポピーの実


扁桃腺を切るときも
だから祖母が付き添いで

5つくらいの女の子が泣きもせず
診察台に座って大きく口を開け


せやかて今さら逃げ出すことでけへんし
そらもう、なんぼ医者慣れしてても
めちゃめちゃこわかった・・・はず
このへんの記憶は曖昧

まあ、あっというまに終わったんやけど

あの喉の痛みとクレゾールの匂い

病院を出て
祖母に手をひかれてバス停でバスを待つ

もともと無口で
心配している気持ちを語ることが下手なために
だまって手をつないでくれる祖母と
しゃべることもこわい私

そんな光景を覚えている

たぶん
ふたりとも やれやれ、の心地やったと思う



しかし

扁桃腺は切っただけで
根こそぎ取ったわけではないから

それからのちも
よわみそはよわみそのまんま

お医者さんとのお付き合いは
おとなになっても
続くんです



posted by ほたるちゃん at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記