2015年08月25日

変顔な

ほたるちゃん
DSC_2445.JPG
その1








DSC_2446.JPG
その2






DSC_2447.JPG
その3

↑いえふつうがおやし(ほ)
わーい(嬉しい顔)
posted by ほたるちゃん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

2015年08月24日

ほおずき

ほおずきの鮮やかな橙色は
自然の中で見ると

まわりと不思議に溶け合って
はっと、目は引くけど
「どぎつー」とは感じない

これをトロッケンゲビンデに使うのは
以外に難しい・・とおもう

小さくても、あの橙色を木の実の中に置くと
見慣れるほどきつく見える

これは私個人の感じ方ですが

DSC_2503.JPG
ほおずき


しかし
このかさかさ、ころん、としたほおずきが好き

なんとか使いたいと
長いこと窓際に吊るしておいて

やっとここまで脱色した

これで、たぶん木の実の中に入れても
違和感がないんとちゃうかなあと
出番を待っている

posted by ほたるちゃん at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

フォーカス!

ほたるちゃんの輪くぐり 決定的瞬間よカメラ
DSC_2519.JPG







DSC_2520.JPG
わーい(嬉しい顔)



posted by ほたるちゃん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

2015年08月23日

はったい粉

おばけよりも恐ろしい
あの蒸し蒸しした寝つけない夜は
少し ましになってきたけど

いえいえ
秋のお彼岸までは
油断できません



意識して水分を摂ることは
引き続き、やね


遠い親戚に
「東家(とうげ)の亀さん」というおじいさんがいて
このおじいさん、気が荒いというのか
気難しい、というのか
そんな大人の話を聞いてた私は
こわかったんやけど

だれに連れられてか・・・
たぶん墓参りにあわせて 一度だけ
「亀さん」の家へ行ったことがある


初めて会う「亀さん」は
大人の話を聞いて想像してた通り
大きくて、こわい顔のおじいさんやった

家には「亀さん」しかおらず・・・・

大人が「亀さん、亀さん」というから
子どもの私も
「亀さん」としかおもいようもなく・・

その亀さんが
初めて口にする飲み物をだしてくれた

それは
こげ茶色の薄い色で
香うばしく、ほんのり甘い味がした

飲み終わると
ガラスコップの底に
その粉が残ってた

50年ほど昔のことやから
さほど冷たいものでもなかったとおもうが

お盆の暑いとき
駅から坂道を歩いてたずねて来た身には
一杯のこの香うばしい飲み物が
ごちそうやった

連れて行ってくれた人に
あれはなんていう飲み物?って聞くと

はったい粉って教えてくれた

DSC_2475.JPG
ばら グリーンアイス

「亀さん」ちのことを母に言うと
はったい粉をなつかしがって買ってきて
しばらくは飲んだような記憶がある


ということは
「亀さん」ちに一緒に行ったのは母ではない

うーん とすれば
誰と行ったんかなあ


それから随分経ってから
「東家の亀さん」が亡くなったと
聞いたから

名前の通り「亀さん」は長生きやったとおもう

ちなみに
東家(とうげ)は和歌山県橋本市にある地名です


おじさんやおばさんも皆亡くなり
いとこたちとは疎遠やし

弟がひとりいてるけど普段は会うこともないし
母もおぼつかなく
私の思い出話を共有してくれる人が少なくなって

さてもさても
記憶がどんどん遠く小さくなっていくわ
・・・・・・・
posted by ほたるちゃん at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

なにこれ??

キャットタワーに異変が
DSC_2515.JPG
がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)







よく見れば
DSC_2516.JPG
ほたるちゃんのおなかで〜〜〜したっるんるん


posted by ほたるちゃん at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

トランクに

posted by ほたるちゃん at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年08月21日

空き地に

はびこる青いアサガオ
DSC_2500.JPG






DSC_2501.JPG
けっこう、大きい


こういう風景、今年とくに
あちこちで見かける


ソフトバンクが売り出したロボット
あっというまに完売したそうで


そのうち
人より知能のすぐれたロボットが
この青いアサガオみたいに

あちこちで見かけるようになったら
なんか
ちょっとこわいなー

あちこちではびこる青いアサガオを見て
思うのであります


アメリカでは
小さいけれど「脳」をつくるのに成功したとか

このニュースを知ったときも

明るい未来、というより
えらいことにならへんかったらええねんけど
な感情が先に立った


posted by ほたるちゃん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

夏の定番

床でころんな ほたるちゃん
DSC_2488.JPG







DSC_2489.JPG
わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
posted by ほたるちゃん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

2015年08月20日

高校野球

わが家は今、緑ざかり
ひっくりかえしたら 花がないってことたらーっ(汗)

DSC_2478.JPG
元気モリモリ ワイヤープランツ



高校野球決勝
いい試合で 最後まで見てしまった

9回まで6-6

9回表の初球を東海大相模のピッチャーが
ホームランを打ち

ばたばた、と仙台育英が守りきれず
なんと4点入れられて

10-6

どちらが勝ってもええんやけど
ちょっとは
東北に勝たせたかったなあ
の気持ちもあり



野球の好きな友だちがいて
20代前半ころやったかな
神戸方面へ3人で1泊旅行に行った帰り

春の選抜野球のときで
甲子園へ行こう!と急遽 途中下車
別に興味なかったけど
一人ここで別れるのもつまらないし渋々ついて行った

その日の最終戦で
夕暮れせまるなか

ルールも知らないわたしは
目は球場を見てるけど
頭はほかのこと考えてた


試合終了

負けたチームが勝ったチームに
エールを送る

そういうことをするんや、ということさえ
知らんかった私には
新鮮な驚き感動で

春の夕暮れの寒さのせいだけでなく
からだがふるえ
涙がでそうになるのを

友だちの手前
必死で知らんふりしたわ

彼女たち二人は
そんな私におかまいなく
別の意味で感動してたけどね



とはいえ
乙女やった遠い昔
「女学生の友」という雑誌を読んでたころで
三沢高校の太田投手が
この「女友」でも随分取り上げられ

あのころは熱心にテレビ観戦してたわ手(パー)


posted by ほたるちゃん at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記

無防備な

ほたるちゃんの後寝姿黒ハート
DSC_2468.JPG






かわいいわ〜〜黒ハート黒ハート黒ハート
DSC_2467.JPG
黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート


posted by ほたるちゃん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこがたりねこづくし

おまぬけ顔で

posted by ほたるちゃん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーベラ嬢

2015年08月19日

さあ寝よっと

思ってたら
「お〜い きてくれ」

やな予感

「ゴキブリのばんしててくれ」

大きなゴキブリが微動だにせず


なんで「ばん」するかって?
捕る準備があるのよ

そのあいだ
じーっと目を離さず
ばん しとかなあかんねん


準備が整った相方
ゴキブリを捕まえるべし、も

逃げられ

1分弱ほど追い掛け回し

捕まえて
フーフーいいながら一言
「はしっこいやっちゃ」

ゴキブリがはしっこいのんか
それとも・・・な はなし・・

DSC_2476.JPG
斑入りヤブコウジ 涼しげ




わが家は
ゴキブリ、クモ、ヤモリ、は
使い捨て手袋をはめて
手づかみで捕まえる

ヤモリは外へ逃がします

さすがにムカデは手づかみNG


これらは
私の仕事ではありません

ほたるちゃんが反応するのは
ヤモリ
必死で捕まえにいくわがく〜(落胆した顔)


普段 しょっちゅう姿は見ないけど
いろんな生き物exclamation&questionと一緒に暮らしてるのねふらふら

たまたま遭遇して
相手も 災難、っておもってるやろね

posted by ほたるちゃん at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の目雑記